Staff Blog

2020.09.09

パトロン募集

  友達に言われたことがあります。

それが、パトロン募集に成功したという台詞です。
ただびっくりするばかり。
決して美人じゃない友達の知里、それなのにパトロン募集に成功と言うのですから。
「都度で1万円の支払いをしてもらっているの。コロナがあるからオンラインでね!」
彼女の言葉に、胸をトキメカせてしまいました。
 私は20歳の女子大生。
アルバイトが減ってしまって、現在とてもお小遣いに困っている状態。
新しいアルバイトも良いのがなく、困った状態に陥っていました。
知里にパトロン募集なんて話を聞いて、驚きと共に興味を強く持ちました。
彼女は「肉体関係とか、エロいことなにもしないから」と言い切ります。
「なにをして、お金もらってるの?」
「今流行の、オンライン飲み会だよ」
それだけで、毎回1万円の収入。
「実は、オンラインのパパ活は、人気が上昇中なんだ。やるなら今かもね」
知里の言葉に、強く胸を締め付けられている状態でした。
 彼女は出会い系アプリを利用したと言います。
誰もが知る、人気の高い優良出会い系の公式アプリ。
こちらを使うことで、サシ飲み希望の男性と知り合えるのだそうです。
パトロン募集に最適な場所と言われ、すぐ使ってみることにしました。
 プロフには、わざとらしくないように、さりげなくサポートして欲しい雰囲気を出しておきました。
男性のプロフも確認してメールを送る。
これ地道に繰り返していきました。
飲み相手の欲しい男性からの連絡には、本気で喜びを感じてしまいました。
 パトロン募集で知り合った男性は、総合病院のドクターをやっている50代。
期待は、ただ強くなるばかりでした。
楽しくお酒を飲んで、仕事が減って困っている話もして、相手からの美味しい提案を待ちました。
 優しい人だったからかもしれません。
支援の用意があると言ってくれました。
継続契約をすること。
一度に、諭吉2枚分を電子マネーで渡すと言ってくれました!
 パトロン募集に成功して、大きな収入が得られるようになっています。
こうなると欲が出てしまうもの。
別の男性にもパトロンになってもらいたい、そんな気持ちを強めてしまっています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

カテゴリーリスト

フィード

ブログ内検索